ブタログ🐖🐖🐖

日々の雑記や備忘録、たまには役立つ情報も♪

ベースラインの作り方 〜優れたベースフレーズを作る上で知っておきたいこと〜

こんにちは!北基です!

 

今回はベーシスト必聴のベースラインの勉強になる曲を紹介していきたいと思います♪

 

いいベースラインって何でしょうか?

曲をぐいぐい引っ張る印象的で派手なものでしょうか?

地味でも他のパートを支える縁の下の力持ち的なものでしょうか?

 

どちらも正解だと思いますが大前提として

 

土台を支えながら曲に寄り添うもの

 

だと思います

 

それを踏まえつつ早速曲紹介行ってもみよう♪( ´▽`)

 

目次

 

 

 

 

 

Change The World

www.youtube.com

 

一曲目はエリッククラプトンの「チェンジザワールド」です♪

こちらは名手ネイザンイーストの名演を堪能できる一曲になっています♪( ´▽`)

 

ネイザンイーストに付いてはこちらの記事でも紹介しているので参考にしてみてください

www.kitakitakun.com

 

さてさてこの曲のベースは一言で言ってしまえば

 

とても音楽的です!

 

しっかりと土台を支えながらも他のパートを邪魔せずかつメロディラインのようなベースラインで曲に色彩を与えています

 

どんなセンスしてんだよ・・・

圧巻の一言ですがとにかくベースを歌わせるということの教科書的な曲だと思います♪

 

ある意味ベースの理想の形だと思うので大いに参考にしましょう♪

 

 

 

 

Stand By Me

www.youtube.com

 

2曲目はベンイーキングの「スタンドバイミー」です♪( ´▽`)

名作映画「スタンドバイミー」の主題歌にもなっているので知っている人も多いかと思います( ◠‿◠ )

 

シンプルなフレージングながらも非常に印象的で、コードをうまく繋いでかつ曲の核を作るリフ的な演奏でまさに名演と行った感じ♪

 

 

 

with or without you

www.youtube.com

 

3曲目!U2の「with or without you」です♪( ´▽`)

 

ルート弾きを淡々とこなすある種究極のベースラインです

しかし他のパートがこれ以上乗っかり易いベースもないと思います

 

ベースを引く上で不可欠な感覚として

 

他のパートをいかに活かすか

 

これがあるかないかでかなり変わってきます

会話に例えればベースというパートは聞き役で進行役何ですね

 

そういった意味でもルート弾きというのは非常に効果的で

他のパートに自由な空間を最大限与えられるものだと思います♪

 

フレーズの技術的なことやかっこよさ云々よりも

 

フレーズの意味を考えること

 

ここに到達できればベーシストして重宝されるはずです

 

 

 

まとめ

U2でだいぶまとめてしまいましたが^^;

改めてまとめたいと思います

 

曲においてベースは司会進行役だということを覚えておいてください

そして優れた司会者は派手であれ地味であれ相手の魅力を最大限引き出すものだと思います

 

自分の役割をしっかり把握しそれに徹する

そこから優れてベースラインが生まれるんですね♪

 

それではお互い精進していきましょう♪( ´▽`)

 

また次回!ノシ