ブタログ🐖🐖🐖

日々の雑記や備忘録、たまには役立つ情報も♪

ベースと弦には相性がある! 〜弦選びに迷ったら考えること〜

こんにちは!北基です!

 

今回はベースと弦の相性について書いていきたいと思います♪

 

 

さてさて、皆さんどんな楽器を使ってどんな弦を張っているでしょうか?

そもそも弦で音が変わるのか?と思われる方もいるかと思います

 

結論から言うと

 

変わります!

 

そりゃもう変わります

じゃあどんな弦がいいのか?と言うと

 

好みです!

 

そりゃもう好みです

 

 

完

 

 

とんだクソ記事を生み出してしまった・・・

 

冗談はさておき結局は好みなんですけど^^;

とりあえずそれは置いておいて、ベースと弦の相性という観点から見ていきたいと思います♪

まずは弦についてです^ ^

 

目次

 

 

 

 

 

弦の種類

一般的にエレキベースの弦といえば

 

ラウンドワウンド弦とフラットワウンド弦があります

どう違うかというと

 

ラウンドワウンド

手触りがザラザラしていてブライトな音色です

楽器屋さんに置いてあるベースには大体ラウンドワウンド弦が張られています

使用している人も圧倒的にこっちが多いと思います

 

フラットワウンド

手触りがツルツルしていてモコモコした音色です

フレットレスベースで使用する場合が多いです

もちろんフレッテッドでも使えますが、ジャズなんかやるときはいいと思います♪

 

 

 

 

弦の素材

弦の素材も見ていきましょう( ◠‿◠ )

こちらも主にニッケルとステンレスの2種類あります♪

 

ニッケル

定番素材でやや中域が出る感じがしますが

全体的にバランスのとれた何でも屋といった感じの音色

 

ステンレス

錆びにくく長く使えます♪

ブライトなサウンドでスラッパーならこれ!

 

 

弦の太さ

続いてこちらも大事な要素太さ!

f:id:kitakitakun:20190503003716j:plain


この50・70・85・105と書かれているのが各弦の太さ(ゲージ)になります

太さが違うと音はもちろん弾き易さも変わってくるのでプレイをする上でも重要になってきます

 

プレイをする上で太さが重要になってきます

 

 

太くなればなるほど音も太くなりますが

弦が硬くなり弾きにくくなってきます( ˙-˙ )

 

逆に細くなると音は細くなりますが

弦は柔らかく弾き易くなります( ◠‿◠ )

 

 

 

ベースと弦の相性

で、本題です♪

一般論云々ではなく完全にボクの主観です^^;

 

でももう20年近くベースを弾いているのできっと役に立つよ!

帰らないで!お願いします!一瞬で終わるから!

 

というわけで一瞬でいきます!

 

重いベースにはステンレス

そうじゃなければニッケル

 

以上です♪

 

簡単すぎるので補足!

 

楽器の素材での相性ももちろんありますが、

例えばアッシュなら音のレンジが広くスラップに向くのでステンレスの弦を張るとさらにスラップスラップした尖った音になります♪

 

アルダーなら持ち前の乾いたオイシイ中域にニッケルがピッタリ♪

 

一般的にはこんな感じですがボクの経験上全ての楽器に当てはまるわけではなさそうです

なので一つの指標として覚えておいてください

 

重いベースにはステンレス

そうじゃなければニッケル

 

我ながらこれは中々的を得てると思います( ゚д゚)

といっても弦を出してるメーカーもたくさんありメーカーごとに音も変わってきます

 

そんなときはとりあえず定番の物を買って基準を作るのがいいと思います♪

そして定番といえばダダリオ!

 

ボクも色々渡り歩いてダダリオに落ち着きました( ◠‿◠ )

定番だけあって癖がなくて使いやすい!

 

そんなわけで ニッケルならこれ


D'Addario EXL170S Nickel Round Wound 《ベース弦》 ダダリオ 【ネコポス】

 

ステンレスならこれ


D'Addario EPS170S ProSteels Round Wound 《ベース弦》 ダダリオ 【ネコポス】

 

 

 

それでは素敵なベースライフを!ノシ